映画『ジョーズ』オリジナル予告編

映画『ジョーズ』オリジナル予告編

『ジョーズ』(Jaws)は、スティーヴン・スピルバーグ監督による1975年のアメリカ映画。原作は1974年に出版されたピーター・ベンチリーによる同題の小説(日本では早川書房から1975年に刊行)。平和なビーチを襲う巨大人食いサメ(ホオジロザメ)の恐怖と、それに立ち向う人々を描いた作品。スリラー映画、ホラー映画、パニック映画など様々なジャンル分けがなされる。スティーヴン・スピルバーグの名前を全世界に浸透させたひとつである。スピルバーグの作品では珍しく、子どもが死ぬ描写(鮫に喰われ、海へ引きずり込まれる。その際、子どもは抵抗する)がある。第48回アカデミー賞で作曲賞、音響賞、編集賞を受賞した。 <あらすじ> アメリカ東海岸に位置する海辺の田舎町・アミティの浜辺に、女性の遺体が打ち上げられた。町の警察署長ブロディは死因を「サメによる襲撃」と断定。ビーチを遊泳禁止にしようとするが、夏の観光で成り立つ町の有力者はこれを拒否。対応の遅れから、少年が第2の犠牲者となる。 少年の両親がサメに賞金をかけたことで事態は公となり、アメリカ中から賞金目当ての人々が押し寄せたアミティは大騒動となった。その対応に追われる一方で、ブロディはサメの専門家である海洋学者フーパーを呼び寄せ、協力を求める。フーパーは最初の遺体を検視し、非常に大型のサメによる仕業と見抜く。 そのころ、イタチザメが捕らえられた。町中が事件は解決したと喜ぶ中、フーパーはイタチザメの口のサイズが、遺体に残る噛み跡より小さいことから、別のサメである可能性を指摘。念のためにサメの消化器官の内容物の確認を提案するが、市長は反対した。 納得できないブロディとフーパーはその夜、秘密裏にサメの腹を裂いたが、人が食べられた痕跡は確認できなかった。フーパーの所有する調査船でサメの探索に出た2人は、アミティの漁師の船が漂流しているのを発見。調査のため海に潜ったフーパーは、船底に刺さっていた大きなホオジロザメの歯を見つけるが、漂う漁師の遺体に驚いた拍子に紛失する。 翌朝、2人は市長に「犯人は巨大なホオジロザメであり、すぐに海を閉鎖する必要がある」と申し出るが、利益を優先したい市長は、証拠となるサメの歯がないことを理由にこれを拒否し、海開きを実施。その結果、観光客をサメが襲うという最悪の事態が発生する。 そこでブロディは地元の漁師クイントを雇いサメ退治を提案。ブロディ、フーパー、クイントの3人は、サメ退治のため大海原へ乗り出す。しかし、現れたホオジロザメのサイズは、彼らの予想をはるかに上回るものであった。ブロディ達と巨大ザメとの激闘が始まる。 <スタッフ> 製作:デイヴィッド・ブラウン、リチャード・D・ザナック 監督:スティーヴン・スピルバーグ 原作:ピーター・ベンチリー 脚色:ピーター・ベンチリー、カール・ゴッドリーブ 撮影:ビル・バトラー 美術:ジョセフ・アルヴズ・Jr. 編集:ヴァーナ・フィールズ 音楽:ジョン・ウィリアムズ 提供:ユニバーサル・ピクチャーズ ザナック=ブラウン・プロダクションズ <登場人物> マーティン・ブロディ(ロイ・シャイダー)(Martin Brody) 赴任間もない地元の警察署長。原作では41歳。海水浴場における人食いザメの危機を再三アミティ市に申し入れるが、事なかれ主義的な市長から拒絶される。サメ被害が甚大になると、市長からサメ退治の許可を受け、サメ退治に乗り出す。子供の頃に溺れた経験がトラウマとなっており、水が大の苦手。船の上でも、サメを前に他の2人が機敏に動いている横でおろおろしていたり、サメの強大さから真っ先に対決を諦めて救難信号を試みるなどの描写が多い。原作・映画共に、クライマックスで、沈み行くオルカ号の上で孤立する。映画では、なおも突撃してくるサメに空気ボンベを噛ませ、クイントの銃で狙撃して破裂させてサメを倒す。原作では映画ほど勇猛な活躍はせず、サメに船を沈められ、殺されそうになる直前にサメが力尽き、助かる。 サム・クイント(ロバート・ショウ)(Sam Quint) 地元の漁師。荒くれ者の男で鮫狩りの達人。懸賞金目当てにサメ退治に乗り出す。若い頃、太平洋戦争中にインディアナポリス号に乗船していた経験があり、同船の沈没事件の際に鮫の恐ろしさを知ったらしい。昔気質な男で、経験豊富だが他人の忠言に耳を貸さない強情さが目立つ。 原作では鮫との戦いの最中にロープが絡まり、海中に引きずり込まれて溺死したが、映画では船に乗り上げてきたサメに噛み付かれ、血を吐きながら派手に喰い殺されるという最期を迎える。映画冒頭には、彼が映画『白鯨』を観て嘲笑する、という場面が本来用意されていたが、カットされた。原作における彼の最期は、『白鯨』に登場するエイハブ船長と似たものである。 マット・フーパー(リチャード・ドレイファス)(Matt Hooper) 若い海洋学者。最初に捕らえられたサメは問題のサメと違うことを見抜く。ブロディやクイントとともにサメ退治に乗り出す。優男な学者で、基本的には学術的知識をベースに行動し、軟弱な男としてクイントには馬鹿にされるが、実行力があり、大胆な選択もする。原作・映画共に、物語終盤にオルカ号がエンジントラブルを起こして立ち往生した後、銛で直接毒を注入するために、特製の檻に入って海中でサメと対決するが、鮫に檻を破壊される。原作ではそのまま喰い殺されてしまうが、映画では辛くも脱出し、海底に姿を隠すことで奇跡の生還を遂げるように変更された。 エレン・ブロディ(ロレイン・ゲイリー)(Ellen Brody) ブロディの妻。原作ではフーパーの兄の元ガールフレンドであり、そのフーパーにアバンチュールを求めて、夫の目を盗んだ不倫関係になる。原作では36歳。ただし美人で外見は30歳くらいにしか見えない。 ベン・メドウズ(カール・ゴットリーブ) ボーン(マーレイ・ハミルトン)(Vaughn) アミティ市長。市の経済は夏の海水浴客によって支えられているため、サメの危険を軽視して海開きを強行しようとする。中盤まではブロディやフーパーの忠告を無視し続けるが、海開き当日に青年がサメに食い殺されたのをきっかけに、クイントを雇うというブロディの案に同意する。また、この海開きの際には彼の息子も浜にいたと語っており、単なる悪役としては描かれていない。続編『2』では、今作でのブロディの奔走を知っているためか、彼を擁護する姿勢の強い人間として描かれ、過剰に警戒するあまり発砲騒ぎを起こしたブロディをいぶかしみながらも、その解雇決議にただ1人反対する。 ヘンドリックス(ジェフリー・クレーマー) クリシー・ワトキンス(スーザン・バックリーニ) キャシディ(ジョナサン・フィレイ) マイケル・ブロディ(クリス・レベロ) ショーン・ブロディ(ジェイ・メロ) 入り江のボートの男(テッド・グロスマン) TVレポーター(ピーター・ベンチリー)

映画『ジョーズ』(1975年)のテーマ曲

映画『ジョーズ』(1975年)のテーマ曲

監督スティーブン・スピルバーグをして「この映画の成功の半分以上がこの曲のおかげだ。」と言わしめたジョン・ウィリアムズ作曲によるこのスコアはアカデミー賞作曲賞を受賞したほか、全米映画協会から「映画音楽史上最高の曲ベスト6」に選出されている。ウィリアムズは作曲を依頼されると、映画『ジョーズ』を海賊映画として捉えて「原始的だが、楽しくて娯楽的な曲」を考えた。曲のメインの部分は、ジョーズの鼓動でもあり、迫り来る恐怖を表現しているというが、ウィリアムズから初めてこの曲のサビの2小節を聞かされたとき、監督スティーブン・スピルバーグは冗談だと思って大笑いしたという。またこの曲は、ロシアの作曲家イーゴリ・ストラヴィンスキーの名曲「春の祭典」からの影響が非常に濃いことも知られる。チューバ奏者はトミー・ジョンソン。

【高画質】ホホジロザメが口を開く瞬間【超ド迫力】

【高画質】ホホジロザメが口を開く瞬間【超ド迫力】

海を泳ぐかわいいホホジロザメ、でも間近で大口を開けられるとヤバいっ!何回でも見たくなる永久保存版お宝映像【週刊ホホジロザメ】 http://bit.ly/14XjhRJ | ホホジロザメ衝撃映像集 http://bit.ly/18KB9mO

映画『ブラックフィッシュ』(2013年)予告編 – 「シャチがトレーナーを食べてしまったんだ…」

映画『ブラックフィッシュ』(2013年)予告編 – 「シャチがトレーナーを食べてしまったんだ…」

シャチが人間を襲う瞬間まとめ 1/2 – Killer Whale Kills Human 1/2http://www.youtube.com/watch?v=3AW_hmVal5Y シャチが人間を襲う瞬間まとめ 2/2 – Killer Whale Kills Human