絶滅した超巨大ホホジロザメ – メガロドン

絶滅した超巨大ホホジロザメ – メガロドン

メガロドンは、約1,800万年前から約150万年前(新生代第三紀中新世半ばから鮮新世)にかけての、海が比較的暖かった時代に生息していたサメである。 現生のホホジロザメと近縁という考えから、カルカロドン(=ホホジロザメ属の)・メガロドン(Carcharodon megalodon)という学名が主流であったが、近年では、完全には置き換わっていないものの学術レベルにおいては、カルカロクレス・メガロドン(Carcharocles megalodon)の方が広く受け入れられている。 本種が後者のカルカロクレスであるとする学説では、ホホジロザメの属するネズミザメ科ではなく、(ネズミザメ目には含まれるが)メガロドンを最後に絶滅した otodus という古代ザメの系統に属するとする。シノニム(異名)には他に、 Procarcharodon megalodon (Casier, 1960)もある。 サメは軟骨魚類であり、化石には通常は歯しか残らない。本項目の内容は、本種がホホジロザメ属という説を前提に、「ホホジロザメのX倍の歯を持つから体のサイズもX倍」という推定で行われたものがほとんどである。 全長は最大個体の推定値13メートル。またしばしば取り上げられるものとして約20メートル、100トンと幅が広いが、いずれにしても、現生のホホジロザメ(最大個体の推定値約6.0メートル)よりはるかに大きく、最大個体同士では現世魚類で最も大きいジンベエザメ(最大個体で約13.7メートル)と同大である。なお、一時主張された40メートル説などはすべての歯が最大化石で構成されているとして復元したもので、現在では否定されている。 【週刊ホホジロザメ】 http://bit.ly/14XjhRJ | ホホジロザメ衝撃映像集 http://bit.ly/18KB9mO ホオジロザメ

「幻のサメ」と呼ばれるメガマウスザメの貴重映像

「幻のサメ」と呼ばれるメガマウスザメの貴重映像

メガマウス Megachasma pelagios(英: Megamouth Shark)は、ネズミザメ目メガマウス科に属するサメ。本種のみでメガマウス属 Megachasma を構成し、古い和名ではオオグチザメ(大口鮫)と呼ばれたが、現在はメガマウスザメ、もしくはメガマウスの名で呼ぶのが一般的。 学名では、沖合の大口鮫を意味する。 太平洋やインド洋など、熱帯から温帯の水深200m付近のやや浅い深海に生息している。日本近海では目撃例と捕獲例が比較的多く、2011年現在、全世界で50例あるうち13例が日本におけるものであり、東京湾の海底谷でも発見されている。 最大で全長709cm。古い形態を保ったサメで、 現代に繁栄しているサメの形態とはかなり異なる点が多い。ネズミザメ目のサメの中では、ミツクリザメと並んで、原始的な形態を残しているといわれる。 【週刊ホホジロザメ】 http://bit.ly/14XjhRJ | ホホジロザメ衝撃映像集 http://bit.ly/18KB9mO ホオジロザメ

カヤック釣りでマグロを掛けた瞬間にサメがっ!!!

カヤック釣りでマグロを掛けた瞬間にサメがっ!!!