「幻のサメ」と呼ばれるメガマウスザメの貴重映像

メガマウス Megachasma pelagios(英: Megamouth Shark)は、ネズミザメ目メガマウス科に属するサメ。本種のみでメガマウス属 Megachasma を構成し、古い和名ではオオグチザメ(大口鮫)と呼ばれたが、現在はメガマウスザメ、もしくはメガマウスの名で呼ぶのが一般的。
学名では、沖合の大口鮫を意味する。

太平洋やインド洋など、熱帯から温帯の水深200m付近のやや浅い深海に生息している。日本近海では目撃例と捕獲例が比較的多く、2011年現在、全世界で50例あるうち13例が日本におけるものであり、東京湾の海底谷でも発見されている。

最大で全長709cm。古い形態を保ったサメで、 現代に繁栄しているサメの形態とはかなり異なる点が多い。ネズミザメ目のサメの中では、ミツクリザメと並んで、原始的な形態を残しているといわれる。

【週刊ホホジロザメ】 http://bit.ly/14XjhRJ | ホホジロザメ衝撃映像集 http://bit.ly/18KB9mO ホオジロザメ

Comments

comments



1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (この記事を評価してください)
Loading...Loading...

Advertisement